物流センターで働きたい薬剤師が求人を探し出すためのポイント

薬剤師の職場として物流センターは密かに人気になっているというのを聞いたことがあるでしょうか。噂を聞いて求人を探してみたけれど見つからなかったという人もいるかもしれません。この記事では薬剤師が物流センターで働くのにどのような魅力があるのかを説明した上で、求人を探し出すために重要なポイントを解説します。

「薬剤師が東京でパートの求人を探すときに知っておきたい事実」

薬剤師にとっての物流センターの魅力

薬剤師と物流センターとの関係がイメージできない人もいるかもしれません。薬剤師は処方箋に従って調剤をすることや、患者に服薬指導をするのが仕事だと思っている人の場合にはなかなか物流センターで働く姿を想像できないでしょう。

しかし、薬剤師は医薬品の全般的なプロフェッショナルとして認められています。医薬品を適正使用できるようにするためには臨床現場に届くまで適切な環境で管理されていることが必要です。また、強い効果や効能を持っている医薬品が多いため、盗難などのリスクについても通常の物品に比べて厳重に管理することが欠かせません。

正しい管理方法を理解して実行に移せる人材として薬剤師が必要とされている現場も多くなっています。物流センターはその代表格で、薬剤師は管理薬剤師として採用されるのが一般的です。物流センターでは工場などから配送されてきた医薬品を倉庫に一時保管し、病院や調剤薬局などの医薬品が使われている現場に運んでいくことになります。

この一時保管中の医薬品を適正に管理する役割を果たすのが管理薬剤師です。仕事としては監理状態が適切かのチェックや、不備がある医薬品の探索とメーカーへのクレームや問い合わせの実施、医薬品の在庫管理といったものが代表的です。

マニュアルに従って適切に行うのが重要視される業務がほとんどなので、仕事を進めやすいのがメリットでしょう。物流センターの仕事は現場に詳しくなればなるほどスムーズにできるようになります。そのため、企業としても終身雇用を前提として契約をするのが普通です。

安定して働けるのも魅力で、物流系の企業は経済基盤がしっかりしていることから倒産のリスクもほとんどありません。大手企業であれば福利厚生もしっかりしていて休みも取りやすいでしょう。残業もあまりないところがほとんどで、トラブルがない限りは定時に帰宅できます。

プライベートの時間を確保しやすいのでワークライフバランスを充実させられるのも物流センターで働く魅力です。

物流センターなら調剤も必要がない

物流センターでは薬剤師は調剤をする必要がないのもメリットと捉えられる人もいるでしょう。薬剤師になってみたまでは良かったけれど、自分は調剤や服薬指導には向かないと思って辞めてしまう人も少なからずいます。それでも薬剤師の資格を生かして働きたいと考えたら、管理薬剤師として働くのが合理的な選択肢です。

物流センターでは患者とのやり取りもないので、患者とうまくコミュニケーションを取るのが大変だったという人でも問題はありません。ただし、物流センターでも入荷や出荷の受付をしたり、メーカーにクレームの連絡をしたりするなどコミュニケーションを取る場面はたくさんあるという点には留意しておく必要があります。

物流センターの求人は地域選びが肝心

物流センターで働きたいときに最も重要なのが働く地域の選び方です。物流センターの倉庫は地価が安いところにあるのがほとんどで、都心にはあまりありません。地方に行けば多いというわけでもなく、その中間の郊外でよく見かけられます。

医薬品の消費量が多いのは人口が多い都市部なので、都市部までの運送コストを削減しつつ、倉庫の設置や維持管理にかかる費用も減らすという方針で立地が選ばれているのです。そのため、郊外で比較的土地に余裕がある地域を探してみると求人が見つかりやすいでしょう。

あまり地域にこだわってしまうと求人が全く見つからないこともあるので、広く探してみるのが最も大切です。

物流センターは専門サイトで探すのが得策

物流センターの求人を探すときには情報ソースとして薬剤師専門の求人サイトを使うのが得策です。物流センターからの求人は管理薬剤師という特殊な人材を求めるもので、予定している時期までに確実に見つけることが必要な場合が多くなっています。

倉庫を運営する際には常にいなければならない存在なので、募集するときは現職の管理薬剤師が辞めるときがほとんどです。そのため、期日までに確実に候補者の目に留まるようにすることが重要で、薬剤師専門の求人サイトに求人広告を出すことで確実性を高めています。

薬剤師の中には一般的な求人サイトでは一切探していない人もいます。

便利で豊富な求人があるから専門サイトを使えば十分と考える傾向があるのです。ハローワークでも管理薬剤師が募集されていることもないわけではありませんが、大抵は専門サイトにも求人広告が掲載されています。このような全体的な傾向があることを知っていると、手間を減らすには薬剤師のための求人サイトを使うのが合理的だとわかるでしょう。

転職エージェントの利用は効果的なのか

見つかりにくい求人を探し出すには転職エージェントを利用すると良いことがよく知られていますが、物流センターからの求人を探すのにも有効なのでしょうか。物流系の企業では管理薬剤師の獲得のためにあまり人材紹介を利用していない傾向があります。

もともと営業利益の観点から見るとそれほど余力がない経営状況のことが多く、採用に大きな費用をかけられないからです。物流センターの求人には人気もあるので、公開すれば多くの人が応募してくれます。その中から適任者を選考した方がコストパフォーマンスが高いと考えられているのです。

転職エージェントを利用しても公開求人の紹介も受けられるのでメリットもあるのは確かです。ただ、求人が見つからないときに相談しても意味は大きくはなく、物流センターからの求人を紹介してもらえる可能性があまり高くはないと認識しておく必要があるでしょう。

地方で物流センターの求人を探してみよう

薬剤師は物流センターで働くと倉庫で医薬品の管理業務に携わることになり、忙しさに追われることなく安定した働き方ができるようになります。倉庫は郊外に設置される場合が多いので求人は地域にこだわらずに探すのが賢い方法です。

管理薬剤師を探し出すために薬剤師専門のサイトに求人が出ていることが多いので、興味を持ったら専門サイトで探してみましょう。